• ホーム
  • 水虫菌はすぐに死滅しない?!再発防止のためにするべきこと

水虫菌はすぐに死滅しない?!再発防止のためにするべきこと

2020年06月30日

水虫は適切な治療を行えば完治する病気ですが、再発を繰り返すことに頭を悩ませている人も少なくありません。再発を繰り返してしまう原因のひとつが、完治する前に治療薬の使用を途中でやめる人が多いことが挙げられます。

水虫が完治するという意味は、水虫の原因である白癬菌を体から完全に取り除くことです。治療薬を使用すると、皮膚表面の白癬菌を死滅させることができるため、症状自体は改善します。見た目がきれいになることや、かゆみや痛みといった辛い症状がなくなるため、多くの人は完治したと判断して治療薬の使用を止めてしまいます。しかし、症状が改善した時点で白癬菌の完全排除に成功しているケースは非常に稀で、皮膚の中に白癬菌が残っているケースがほとんどです。そのため、梅雨などの高温多湿な季節になると、活動再開時期を狙っていた白癬菌が再び増殖を開始することで、症状がぶり返してしまうのです。つまり、水虫を完治させるには、症状が改善したからといって治療を途中でやめるのではなく、白癬菌を完全に排除するまで継続した治療を行うことが重要となります。

水虫になりやすい足の皮膚は角質層が厚いため、皮膚の中まで侵入した白癬菌まで治療薬の有効成分が行き届かないことも珍しくありません。角質層が厚いことにより治療薬の効果から免れた白癬菌は、活動再開時期として最適な高温多湿な環境になるまで息をひそめて隠れています。そのため、再発を防ぐためには、治療薬の浸透を防いでいた角質層が剥がれ落ちて、水虫菌が潜む層が表面に現れるまで治療を続ける必要があります。足の皮膚が新たに生まれて、古い角質層が剥がれ落ちるまでには最低1ヶ月はかかると言われているため、かゆみや痛みなどの症状が改善してから最低1ヶ月は継続した治療が必要です。

水虫が厄介なところは、単に再発を繰り返しやすいということだけでなく、他人へ感染しやすいことも挙げられます。日常生活を送る空間には多くの水虫菌が潜むため、家族の中に1人でも水虫患者がいる場合、同居する家族は感染リスクが高まるため注意が必要です。たとえ、継続的な治療によって自身の水虫が完治したとしても、同居する人に感染させてしまった場合、自身が再び感染することも十分にあり得ます。家族内で感染を繰り返していては、いつまでたっても水虫から逃れることはできません。したがって、水虫治療には家族の協力が不可欠であり、家の中から白癬菌を完全に排除しなければいけないのです。